HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

守りの不動産投資

サラリーマン大家を卒業し、家賃収入一本でいく場合、家賃収入による所得がある程度大きくならない限り、マンションなり戸建なり自宅を購入することはオススメできません。理由はそういったケースは銀行から融資してもらう際に不利になるからです。


しかし、サラリーマンを続けながら自宅を建てようと思っているのであれば、賃貸併用住宅を建てることをオススメします。

なぜ、この手法を薦めるのかというと、2階をアパートにすることによって、自宅を新築する費用を全てアパートからの家賃収入で賄うことが可能だからです。例えばですが、苦労して貯めた1千万円を頭金に銀行から3500万円を借りて家を建てたとしましょう。

当たり前ですが、月10万円のローンを35年間かけて支払う計算になりますね。

35歳の時に自宅を建てたとしても完済の時には70歳になります。60歳で定年退職したとしたら、残り10年はローンをどうやって払うのでしょうか?今の時代では退職金もあてにできません。年金は65歳からの支給です。35年後には70歳とか75歳からの支給になる可能性も濃厚です。60歳無職で月々10万円のローンを払うのは、まず無理でしょう。


では、仮に賃貸併用住宅を建てるとしましょう。

銀行から5000万借り入れたとします。月々の支払いは15万円程度。2階にワンルーム3部屋作ってあれば、家賃も15万円程度入る計算とした場合、返済は家賃で支払えることになります。


ローンがタダになるのなら、その分をローンを払ったと思って繰り上げ返済していけば、20年と経たずに完済することが可能です。たとえ20年後には物件からの家賃収入が10万円程度になったとしてもサラリーマンとしての給料を貰いながら毎月10万円もの副収入があることになります。そして60歳で定年になったら住む家はタダ、家賃が10万円入ってくるのであれば、年金支給まで貯金を切り崩したり簡単なアルバイトで暮らすことも可能だといえます。

こういった手法を一言に『守りの不動産投資』といいます。サラリーマンの今後を想定しますと、リスクも低く実行する価値のある不動産投資と言えるではないでしょうか?