HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

出口を考える

不動産投資においても、出口戦略は想定することは非常に大切な事といえます。

例えば、物件を可能な限り増やしていき、次の代に受け継がせるのか?それとも最後に物件は全て売り払い、現金財産として残すのか?このように30代40代で50年先を見据えて人生設計をするのは難しいことです。しかしながら、不動産投資を行う場合では、どこを最終的なゴールとするかによって立てる戦略も変わってきますので、このあたりの想定はある程度必要になります。


また、人生という大きなポートフォリオの中の不動産投資といった出口だけでなく、所有している物件一つ一つに対する出口戦略は必ずといっていいほど、必要になってくる部分です。 管理人は現在40代前半ですが、平均寿命まで生きると想定して、あと40年ほど人生が残ってる計算になります。私が現在所有している築30年のマンションは40年後まではおそらくもたないでしょう。


この物件に関しても、廃墟化する前に売るのか、そのまま貸して家賃収入を手に入れ続け、朽ち果てるまでやりきるのか?はたまたリフォームや建替えに向けて動くのか?なにかしらの出口を考えておかなければ、どんどん時間だけが無駄に流れていきます。


物件は時間がたてば当たり前ですが、老朽化していきます。物件に対してどのような戦略が想定できるのか保有する時点からある程度、考えておく必要があるでしょう。