HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

資金を銀行から調達できる

投資というと、どうしても初期の段階で必要な資金がある程度必要といえます。資金があればあるほど、様々な投資ポートフォリオを組めるので良いのですが、それらをすべて自己資金で補うとすると、余程の資金力がない限り少し厳しいと言えます。これは不動産投資においても共通です。

そこで、投資をする資金そのものを銀行などの金融機関から調達しましょう。しかしながら、乗るか反るかといった株式やFX などでは、当たり前ですが銀行はお金を貸してくれません。


しかし、不動産投資であれば、ビジネスモデルをうまく構築すれば、審査がおり、ローンで銀行から資金調達をすることが可能なのです。ただし、ローンを組む場合でも不動産取得額に対して、頭金が1〜2割ほどが必要になります。また、手数料や税金、登録料などの名目でさらに1割ほどの初期費用も必要です。

ですから、不動産取得額の計3割ほどが必要で、例えばですが、5000万円の物件を取得する場合では、1500万円ほどは自らの手で資金を用意する必要が出てくるのです。しかしながら具体的に1500万の資金を自身で用意するとなると、ちょっと敷居が高くなります。

ここでポイントですが、初期費用等でかかってくる部分は、不動産投資の勉強を行えば、専門家に代行してもらわなくとも、自身で行うことができます。これだけでも負担を大きく減らすことが可能です。不動産投資では、きちんとモデルを構築することにより、銀行から資金を調達することが可能なのです。