HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

中古ワンルームマンション購入が今はやり・・・

一般的に不動産投資をする際に、アパートの建設や、ビルの建設、土地を転売、中古を買ってリフォームをして転売、などいろいろありますが、実際的に今の日本で一番評価されているのは、ワンルームのマンションの購入です。つまり、マンションはリスクが低いとされています。

一般的に不動産投資は株式投資に比べると変動が少ないとされています。

ですので、賃貸収入が入り始めると、そこまで大きくは数字がかわりはしません。つまり長期的に安定した収益として見込むことができます。

ただし、新築物件と中古物件では、賃料設定に大きな差がありますので注意が必要です。ただし、家賃は築年数に応じて少しずつ下落するというわけでは、必ずしもありません。

マンションそのもの状態や、立地、周辺環境に応じても、家賃は影響を受けていますので、築年数が大きな要因にはなります、ですがそれだけではないという事も理解しておく必要があるでしょう。

マンションを購入した後は、家賃をあまり落とさないように心がけたいものです。また、こういうマンションは購入してはいけない、という一つとして、法令に抵触しているような今の建築基準法に合致しないような過去のマンションは手を出さないようにしておきましょう。

建て替えやリフォーム時に今の基準に合わせなければ使えないものも多く、逆に出費がかさむことがあるからです。


⇒ 次の記事 ワンルームマンションに投資するならココ!