HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

頭金なしで収益物件を買う

基本的に、頭金もなく不動産大家の経験もない人には、物件購入の為の資金を銀行は貸してくれません。 ある程度の頭金か経験のどちらかがあれば、銀行は融資してくれる可能性はあります。では、頭金も経験も両方ない人は物件を購入する資金の融資を得るのは無理なのでしょうか?


実は1つだけ方法があります。それは住宅ローンを利用するというものです。


実は収益物件ではなく自身が居住するための物件であれば住宅ローンを利用することが可能です。 住宅ローンの場合、収益物件と違って融資の基準が非常に甘いのが特徴です。サラリーマンである程度の年収があれば問題ないでしょう。 ※一般的には年収400万円以上あれば問題なし

収益物件を購入する際には担保評価をシビアに見てくる銀行ですが、住宅の購入の場合はその審査がとても甘くなります。その甘い審査のからくりは、物件の担保評価などは考えず 返済する本人の与信だけでほぼ融資するからです。


購入ローン別による頭金モデル図



簡単にいうとサラリーマンだからこそ利用できる資金繰りの特約のようなものです。その際には、いくつかの基準がありますので、下記を参考にすると良いでしょう。


@勤務先
公務員や上場企業の社員であれば、まず完璧です。金利も最優遇の措置で融資してくれるでしょう。
別にそうでなくても普通の会社であれば全く問題ないです。安定した収益が得られているかがポイントなわけです。反対に自営業者などは黒字経営でも評価は厳しくなります。


A勤続年数
当たり前ですが、これは長ければ長いほど良いです。しかし、最近では最短で1年以上勤務していれば住宅ローンを組んでくれる場合も多いようです。


B年収
これも高ければ高いほどよいでしょう。融資額にもよるのですが、年収400万以上あれば間違いないといえます。仮に年収300万円台でも1000万円台のローンであれば問題なく通るかと思われます。


C事故歴
過去に組んだローン(住宅ローンだけでなく車のローンやカードのキャッシングも含む)で滞納などの事故歴があると審査に通りません。
事故歴があっても程度の小さいものであれば大丈夫ですが、自己破産歴があるなどはお話になりません。


D他に高額のローンを入っていない
自動車を購入する際にローンで購入などをされていると、住宅ローンが組めなかったり、組める額の限度が下がったりします。もちろん、年収が高い場合はこれは問題にならない場合もありますが、年収300万円台の人や400万円台の人がある程度以上の額のローンを持っていたりすると問題になることもあります。