HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

価格変動リスク

不動産投資に想定されるリスクの一つとして価格(物件価値)変動リスクがあります。


これは、物件を購入した。もしくは、購入を検討している物件の価値が10年後、20年後も変わりなく価値を保てているかどうかというもので、投資家の視点からすると当然気になる部分になります。物件の資産価値は投資用の物件や、その他居住用の物件に関わらず、共有部分の管理によって大きく左右されるといえます。


管理会社に管理を委託している場合には、支払っている管理費や修繕積立金に見合った補修・修繕・清掃などが行われているかが重要になってきます。また貯まった修繕積立金を利用して、10年20年ごとの周期で大規模な修繕工事が行われますが、その際にしっかりとした修繕工事がされると、物件の資産価値が維持できますし、うまくいけば資産価値がさらに上がる場合もあります。


また、担当する管理会社の管理がずさんで物件価値が下がるリスクが想定される場合は、区分所有者が集う総会にて管理会社変更の決議などを行うほうが良いです。
築年数がかなり経過ししている物件でも、きちんと管理されている物件の場合は、そうでないものと比べて大きな差があります。

投資目的で実際に自身が居住するわけではないですが、管理状況の確認を怠るのではなく、管理費や修繕積立金が適切に使われているか?物件価値の維持のためにもしっかりした確認が必要だといえます。