HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

不動産投資の目的は?

不動産投資の目的を簡単に言うならば、不労所得による収益を得られるということです。
サラリーマンのような方でも不動産投資を利用した副業で、うまくいけば年間数千万円といった収益を上げることもできます。

管理などに若干手間をとられることがありますが、それでも、本業に差し支えるほどではありません。投資ですので当然リスクや失敗の可能性はつきものですが、うまくいけば安定したリターンを得られるビジネスモデルを構築でき、何もしなくても楽して安定した収入が入ってきます。

そして、他の投資と違うところは、現物資産である不動産を保有する事でしょう。

転売目的のキャピタルゲインを狙うのであれば、デイトレードのような投機的リスクがついて回りますが、入居者が入ってくれれば家賃収入で安定した収益が保証されます。1人当たり毎月数万〜数十万の収益が勝手に転がり込むわけですから、大きな魅力といえるでしょう。

また、不動産の購入から収益モデルの構築まで、うまく行えば自己資金を0円で始めることも可能です。

実例として、コネなし、資金なし、保証人無しでありながら、不動産投資を行い、年間で大きな収入を得ているという実例もあります。


まとめになりますが、不動産投資の目的は物件を獲得した後に得られる安定した不労所得であり、失敗やリスクの可能性を極力減らした投資を行うということなのです。