HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

そもそも不動産投資とは?

ペイオフ全面解禁により資金の運用先の一つや、少子高齢化に伴った老後の年金に対する不安、そしてREIT(不動産投資信託)の登場により、ここ数年、不動産投資が注目を集めています。


そこで、そもそも不動産投資とは何なのでしょうか?
整理する為にも一度解説していこうと思います。



不動産投資とは住居目的ではなく、収益を得る目的で不動産事業に資金を投資することです。収益のモデルは2種類で、購入した物件を人に貸して、定期的に賃料という利益を受け取るというものと、購入した物件を購入した金額以上で売却して、売却利益を得るものです。

賃料収入を目的とするものをインカムゲインと呼び、売却利益を狙うものをキャピタルゲインといいます。

不動産投資においても、他の投資と同様、期待される利益は確実ではなく、購入した物件が人気で投資家の期待以上に多くの賃料収入を得ることができたり、物件価値が上昇し、簡単に大きな転売益を得られる場合もあれば、反対に思ったような賃料収入が得られなかったり、不動産価格が下落して損失を被ることもあ ります。



すなわち、不動産投資においても投資であるゆえ、株式投資同様さまざまな「リスク」が伴います。

しかしながら、インカムゲイン目的の収入は他の投資より、入居者の問題さえなければ安定した収入に繋がってくれやすいですし、キャピタルゲインにおいても損失を被る可能性は高いですが、株式やFXのように突然保有しているもの自体が無価値になったりすることはないので、他の投資に比べ、比較的安全で始めやすい投資といえるでしょう。