HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

長期空室・長期家賃滞納・スラム化

物件選びの際には、入居者の視点と収益の継続性を可能かを図るのが大事だとお伝えしましたが、もう一つ大事なことがあります。

賃貸物件の中には、なかなか入居者が集まらず家賃収入が見込めないような物件や、その物件自体がスラム化してしまい物件価値が大きく下がってしまう物件があります。これらが引き起こす主なリスクとして、『長期空室』・『長期滞納』・『スラム化』の三つが挙げられます。


不動産投資業界では、『三大リスク』と呼ばれており、物件選びの際に自分が投資しようとしている物件が三大リスクを孕んでいないかをしっかりと見極める必要があるでしょう。要注意とされる物件は、まず長期空室が発生することから始まり、その後、他の賃借人も長期にわたって家賃を滞納するようになり、いずれはその建物全体がスラム化していくというものです。


このように要注意物件に一度でもなってしいますと、全ての問題解消に多大な資金や労力を費やすことになり、プロの専門家や経験のある不動産オーナーでも簡単に解決することは困難とされています。特に最近は長期家賃滞納の処理が本当に難しいとの事です。


不動産投資を失敗しないためにも、決してこういったリスクのある物件は選択しないほうが良いでしょう。