HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

不動産投資はミドルリスクミドルリターン

不動産投資も投資であるゆえ、投資に対する利益は不確実なものであり、様々なリスクがあるとお伝えしましたが、リスクとは「不確実性」の意のほか「危険性」という意味でもあります。

そして一般的にリスクの反対に投資に成功した収益のことを「リターン」と呼びます。

「リスク」と「リターン」は基本的に比例すると言われております。下記に「預金」「株式投資」「不動産投資」のリスクリターンを図にしてみました。

リスクとリターンのバランス図



  預貯金 株式 不動産
期待利益 金利 配当・値上り益 賃料・値上り益
最大リスク 金融機関の破綻 投資会社の破綻 不動産の倒壊、滅失
商品特性 ローリスク
ローリターン
ハイリスク
ハイリターン
ミドルリスク
ミドルリターン



まず預金ですが、預金のリスクは金融機関などが破綻した場合です。ただし、その可能性は非常に低いものです、その代わりですが、金利は非常に低く設定されています。
したがって預金は安全性が高い分、見返りが低いといえます。「ローリスク・ローリターン」というわけです。


株式投資は、投資した会社の業績悪化に伴う株価の下落、又、経営破たんによる株式の価値がゼロになる危険性、といったリスクをもっています。その代わり、その会社 企業価値が上昇したときは購入した株価の何倍にも価値が膨れ上がる可能性を秘めています。このようなことから安全性の低い「ハイリスク・ハイリターン」の商品といえるでしょう。


不動産投資は賃料の下落や空室などにより収入が見込めないリスクや物件価格の下落、場合によっては震災による建物倒壊といったリスクが想定されます。

しかしながら、基本的には土地がある限り価値がゼロになるという可能性は極めて低いです。
このようなことから不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」といえ、最もバランスの良い投資手法だといえます。