HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

不動産を売却するときにかかる税金

不動産を売却するときにかかる税金に関してご説明しましょう。

不動産を売却の際にかかってくる税金ですが、この際には『譲渡所得税』というものがかかってきます。
以下に詳しく詳細をまとめてますので、ご参考ください。


譲渡所得税とは、不動産の譲渡益に対して課税される所得税及び住民税のことで、譲渡される不動産所得は所有期間5年を越える長期のものと、所有期間5年以下の短期のものに分けられるます。


@長期:物件の所有期間が5年を越えている場合   ・・・・・譲渡利益 20%
A短期:物件の所有期間が5年以下である場合 ・・・・・譲渡利益 39%


ただし所有期間が10年を越えている居住用不動産を売却した場合に限り、6000万円以下の部分の譲渡所得の税率は、14パーセントに軽減されます。これは低率分離課税の特例というものに値します。

所有期間というものは、実際に不動産を譲渡した日ではなく、『譲渡した年の1月1日現在』で計算されます。5年を越えているか?もしくはそうでないか?で大幅に税率が異なってきますので、このあたりに関してはは注意が必要になってきます。