HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

東京オリンピックまで不動産はいける?

不動産業者に聞きました!
東京オリンピックまで不動産はいける?

管理人は、最近縁があって、中国のお金持ちから東京のビルを買いたいからエージェントをしてくれと持ち掛けられています。
親の仕事で生まれが上海なので、実は少しだけ中国語がわかるんですw


そこで、実はこの1か月10社くらいに回って不動産のことを聞いてきました!



以下はその質問と答えです!



Q「今、都内のマンションやオフィスビルの動きはどうですか?」

A「1年くらいまえから完全に売り手市場です。海外から多数お客さんが買いに来ています。実際、ものがない状態が東京では続いています」


Q「ということは、今の東京は、好景気、不動産バブルなんでしょうか?」

A「不動産バブルとまではいえませんが、しかしそれなりに勢いはありますよ。
昨年まで利回り6%ほどの物件はちらほらありましたが、今は完全に消えていました。一等地のビルなど今本気で買おうとしたら、利回りは3%代とかです」


Q「それでも買うかたがいるということですよね?どんな方が買いますか?」

A「買い手は、ほとんど外国人か、外国籍のファンドです。中華系の富裕層が都内のビルを買いたがっているのは確かです。また区分マンションもほしがっています。富裕層といっても規模によりますので、買いたいものはまちまちですが、ビルもレジデンスも区分も売れています」


Q「どういう理由なんでしょう?」

A「台湾では、市場は飽和してお金の行き所がありません。利回りもいいところでは2%などざらで、そうなると、都内で区分で6%などでまわると、それで十分というお客様が多い。ましてや東京オリンピックです。外国人は2020年にめがけ今から数年のうちに仕込んで、オリンピック前には売却するのかもしれませんね」


Q「ビルを購入したい人たちはなぜ、東京のビルを考えているのでしょう?」

A「都内のビルといっても、本当に一等地しか買いません。それはやはり、彼らが外国人であるという理由が一番でしょう。つまり、手離れのいい物件を購入したいと考えています。いつでも少しくらい損してでも、売りたいときにすぐ売れるもの、そうおもうと、当然一等地となります。そして利回りなど条件もまあまあ悪くとも、総合的にはそのほうがいいと。台東区や世田谷区などで購入を積極的にしないのは、そのような理由からですね。もっとも人気があるのは千代田区、中央区、港区、渋谷区、新宿区、つまり東京の中央の中央ってことですね」


Q「なるほど。ありがとうございました。ずはり、今不動産は買いですか?」

A「買いですね。ただ、いいものはなかなかでてきません。根気強く物件をさがす必要がありますね!」


ということでしたー!!!!!!!!!!!!!!!!



オリンピック景気の波に乗りたいものですね^^

中華系富裕層や海外ファンドがこぞって東京の不動産物件を探しに・・・