HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

空室リスク

インカムゲインを目的とした不動産投資では『空室リスク』が大きくついてまわります。当然のことですが、物件において空室が発生しますと、賃料が入って来ず、収益性が失われてしまいます。


現在、少子高齢化問題が注目を集めていますが、この問題は、今後さらに進むといわれ、東京や大阪などの大都市への人口流入や、都市部以外の地域では大幅な人口減少が進むといわれています。地方の物件でも価格が安く、利回りの良い不動産物件がありますが、これらの問題を考えますと、地方の賃貸ニーズの縮小が予測されますので、慎重に判断する必要が出てきます。


また大都市圏においても、人口減少が進むエリアと拡大が進むエリアの二極化が進むと言われていますので、オフィスや大学などが集中している利便性の良いエリアを狙うのが良いかと思われます。

最近では、企業が社宅としてワンルームマンションを自前で用意するのではなく、会社名義で賃貸借りをして社員に提供しているケースも増えています。楽観的な話になりますが、業績も安定している大手企業の社宅などに自身の投資用物件が選択されると、これ以上ない収益性の安定へと繋がるでしょう。

今後の都市開発計画などにも着目し、将来的にも発展が期待されるエリアで投資物件を選ぶことは、空室リスクを軽減し成功への道を辿る一歩といえるでしょう。