HOME お問い合わせ 個人情報について 管理者情報 利用規約

利回りについて

不動産投資でいうところの「利回り」とは、「投資金に対する1年間の収入の割合」の事を指します。


投資利回り(%)=購入した物件から得られる年間収入÷投資金額×100


例えば1000万円の物件を購入し、そこから得られる年間の賃料が50万円だとすると、この不動産は利回り5%の不動産投資案件ということになります。

しかし、不動産の場合は別の記事でも述べているように、この利回りは不確定要素やリスクが伴ってまいりますので、確約されたものではありません。あくまで予測に基づいたものであるということを理解しておく必要があります。また、不動産投資は他の金融商品と異なり、物件の購入時や、売却時に様々な諸経費が発生するということも理解しておきましょう。

さらに、物件を保有している間も様々な費用が発生します。したがって案件ベースでの不動産投資利回りの表示と実際に収入として入ってくる金額の利回りは異なってくるのです。

ですので、不動産投資の利回りというものは、単純に投資金額に対する年間収入の割合を示した、いわば『表面的利回り』と、諸経費も含めた実際の投資金額に対して年間の収入から、さらに諸経費を引いた実際の収入の割合を示す『実質の利回り』の2つが存在するということなのです。

表面利回りと実質の利回りとでは大きく異なる場合がございますので注意が必要です。



▼不動産の利回りは大きく分けて二つからなります▼

表面利回り(%) 年間収入÷不動産価格×100
実質利回り(%) (年間収入−諸経費)÷(不動産価格+購入時の諸経費)×100